暮らしの中での畳のあり方

暮らしの中での畳のあり方

暮らしの中での畳のあり方について、最近ではフローリングのお部屋が増えた兼ね合いで、畳の部屋もずいぶんと減った印象があり、それに伴って職人の数も昔に比べて減っている状況となります。

これは、やはり日本人の住環境の変化が和風から洋風に様変わりしている状況を反映している事となっているからだと考えられます。その事を考えると、デザイン性の優れた作りのお部屋が昔に比べると増えていて、それがやはり畳の部屋ではなくフローリングが一面に張られた部屋となった事は言うまでもない話ではあります。こうして考えてみても、住環境の変化に伴ってずいぶんと色々なものが様変わりした事は言うまでもなく、実際に畳だけではなくふすまや障子と言った日本のお部屋の象徴であるものまで見なくなっている事も分かります。これからの日本のお部屋でもやはり、新しく改装したり、新築が立ち並ぶ状況であっても、同じ様にお部屋の中で和風のたたずまいを残している事は珍しい事となっていて、現在の団塊の世代の方々が、特に日本の良さを昔ながらの考え方からお部屋にしても和風である事にこだわりを持っている事が伺えます。

畳のリフォームのお役立ち情報を公開しています。

逆に完全にこの方達がいなくなってしまうと、一気に洋風のお部屋に住環境が変わってしまう事も考えられて、特に畳のお部屋を見る事が極端に減っていく状況となるかも知れません。

安心、信頼のふすまの張替えの料金情報を厳選して紹介しています。

まずは日本の古き良き光景を残したり、職人のテクニックを引き継いだりする事も必要となるのかも知れません。





Copyright (C) 2014 暮らしの中での畳のあり方 All Rights Reserved.